鍼灸について

鍼灸治療とは

鍼(はり)や灸(きゅう)を用いて、経穴(ツボ)や症状がある部位に刺激を与え、損傷や病気の治癒や予防を目的とした治療法のことです。

鍼や灸でカラダの部位を刺激すると、中枢神経の中にモルヒネ(痛みを和らげる)のような役割を持ったホルモンが放出される為、痛みを脳に伝える神経回路をブロックします。これにより、肩こりや腰痛などの痛み症状を和らげます。

それから、筋肉の緊張をゆるめ、刺激部位周辺の毛細血管を拡張させることで、新陳代謝を高める効果があるため、溜まった疲労物質が流され、筋肉の疲労が回復していきます。

また、カラダの表面を刺激すると、内蔵にも影響があり、その機能を改善させる効果や自律神経系のバランスを整えるはたらきもあります。

鍼灸治療は人が持つ自然治癒力や免疫力を高めることで、病気やケガの治療から予防まで幅広い病状を改善する治療法となります。

 

 

経穴・経絡とは

カラダには、WHO(世界保健機構)が定めた”ツボ”が361存在していると言われています。
東洋医学の専門用語では『経穴(けいけつ)』と言われ、刺激することで症状を緩和したり、弱った機能を回復させたりします。
また、ツボとツボが繋がり一本の線になり経絡(けいらく)という流れを作っています。
鍼灸治療では、経絡を流れる気血水のめぐりが滞ると、その経絡に繋がっている内蔵などに影響が及び、不調をもたらすと考えられています。
この経絡によって、肩に痛みがあってもその患部から離れたところにあるツボを刺激することで、症状の改善を図ることもあります。
ツボとは、カラダの反応点であり、治療点でもあるのです。
それぞれの疾患に合わせた経絡やツボを刺激することで、症状にアプローチしていきます。

 

 

鍼灸治療の効果の仕組み

鍼(はり)や灸(きゅう)でツボを刺激

皮膚・筋肉などの組織に小さな傷を作る

傷を修復するために細胞が活性化

自然治癒力・免疫力が高まる

 

 

鍼(はり)について

まず、”はり”と聞くと「痛そう・怖い」と言われることが多いです。
受けたことがない方は注射針や裁縫の針をイメージしている人が多いみたいですが、鍼灸で使う鍼は髪の毛ほどの太さしかありません。なので、刺入時の痛みは殆どありません。
昔は金や銀で作られているものを多く使っていましたが、最近はほとんどがステンレス製になっていて、折れにくく、刺した時の痛みが少ないです。
近年は衛生面や安全性を考慮して、使い捨てタイプ(ディスポーザブル)の鍼が主流になっています。

OMG150918370I9A6365_TP_V.jpg

鍼を刺す方法には、「管鍼法」と「燃鍼法」の2つがあり、日本で一般的に採用されている「管鍼法」は、江戸時代に視覚障害者で鍼灸師の杉山 和一が考案した方法です。
鍼を管に挿入した状態で使用する方法で、簡易に細い鍼を刺すことができ、ほぼ無痛なのが特徴です。
「燃鍼法」は、管を使用せず直接刺す方法で、中国では一般的に採用されています。

 

灸(きゅう)について

灸治療に使用する『もぐさ』は、よもぎの葉を乾燥させたものを臼で引いて、葉の裏側のの絨毛を集めて作られたものです。
よもぎは殺菌、消炎、保湿・保温効果にすぐれ、止血剤として用いられていたこともありました。

灸法には、皮膚の上に直接もぐさをのせる「直接灸」と、皮膚ともぐさの間に”しょうが””みそ””にんにく”などを置いて行う「間接灸」があります。
「直接灸」では、もぐさの大きさは糸状や米粒ほどの小さいものが主流で、症状に合わせて熱刺激をあたえます。今は灸の痕が残らないように灸点紙というシートを用いた灸が好まれています。
「間接灸」では、近年”台座灸”という台座の上にもぐさが乗っている物があり、火傷をしにくく扱いやすいため多くの鍼灸院で使われています。また、刺した鍼の上にそら豆くらいのもぐさを乗せて点火する”灸頭鍼”があり、放射熱により温かく気持ちが良くなるものもあります。

DSC01427.JPG

 

 

女性の特有の症状について

鍼灸治療では、女性に多い冷え性や貧血、月経異常、月経痛、更年期障害など婦人科疾患にも効果があります。また、治療による副作用がないことが特徴のため、妊娠中の方やお腹の胎児への影響なく、妊娠中に多いつわり、むくみ、腰痛などから逆子にも効果があります。

近年は不妊治療の選択に鍼灸治療を選ばれる方も増えてきています。

 

 

子どもの症状にも

『小児はり』と言って、生後3ヶ月から小学生のお子様の治療に使われる刺さない鍼もあります。
小児はりには、はり先が皮膚に軽く触れる「接触鍼」と皮膚を摩擦する「摩擦鍼」があります。カラダに刺さずに皮膚に刺激を与えることで血流が促進し、自律神経系のバランスを整えます。
疳の虫、夜泣き、夜尿症、ぜんそく、アトピーなどに効果があります。皮膚を刺激するものなので、敏感な方や刺激・痛みに弱い大人の方に使用することもあります。

DSC00667.JPG 

また、近年の鍼灸治療では、犬や猫などのペットや競走馬、乳牛などに治療をすることがあります。

 

 

鍼灸の効果とは

東洋医学の鍼灸治療は自然治癒力や免疫力を高めることを目的としています。

その主な治療効果として
1,疼痛の緩和
2,血液。リンパの循環改善
3,関節可動域の維持。増大
4,心肺機能の改善
5,内臓諸器官の機能改善
6,残存機能の改善
7、心理的効果
があげられ、これらの効果によって

血行が良くなり自然治癒力・免疫力アップ

カラダに機械的刺激(はり)・温熱的刺激(きゅう)を与えることで、皮膚の下にある筋肉や血管、リンパ節が刺激されます。すると、細胞の活性化による免疫力の向上や、リンパの流れの改善によるむくみの解消にもつながります。さらに効果によって血管が収縮・拡張し、局所の充血や貧血を調整し、炎症をやわらげる効果もあります。

身体のさまざまな症状の改善
人間のカラダには「経絡(けいらく)」というエネルギーの通路が、全身をくまなくめぐっているとされています。東洋医学でいうエネルギーとは、人間の生命活動に必要な「気・血・水」のことで、「気・血・水」が不足したり、その流れが滞ると体が不調をきたすと考えられています。この経絡の上にあって、「気・血・水」が弱ったときに反応がでる箇所が「経穴(けいけつ)」、いわゆる「ツボ」です。ツボにはそれぞれに作用があり、ツボを刺激することによって、頭痛、肩こり、腰痛などの痛みから、目の疲れ、めまい、冷え性、むくみ、不眠、食欲不振、自律神経の乱れ、更年期障害などといった神経系や内蔵系など、カラダのさまざまな症状の改善が期待できます。
鎮痛、リラックス効果
灸で使うもぐさの原料のよもぎに含まれるシネオールという精油成分には、強力な消毒・殺菌・鎮静・鎮痛作用などがあり、お灸をすることによって、この成分が皮膚の表面から内部に浸透していき、痛みを和らげるなどの効果が期待できるのです。また、この成分が燃焼した時の独特な香りは、爽やかですっきりとしていて、リラックス効果もあります。

 

が期待できます。 

 

 

質問などお気軽にお問い合わせください
LINE@からのご質問・ご相談も承ります

 

愼命堂鍼灸院
TEL 0942-65-4304
LINE@:@hhc9046i